遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:「現代遠野物語」1話~( 9 )

「現代遠野物語」 第九話(白い熊)

f0075075_14484319.jpg

2007年に雫石で白い熊が発見されたと騒いでいたが、遠野では今から30年近く前に、白いツキノワグマが捕獲されていた。鹿でも狐でも、白いものは全て神の使いとされていたのだが、白い熊というものは過去に前例が無く、ある意味、何かの前兆とも噂されていた。
by dostoev | 2010-12-02 14:50 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第八話(宮家に伝わるもの)

鮭に助けられた家系の宮家では、代々鮭とイクラは食べてはいけないそうだ。昔にも、やはり宮家の内で鮭を食べた為に、目が見えなくなったという人物がいたそうである。

昭和に入り、宮家の家系である女性が小さい頃、近所の友達の家へと遊びに行った時の話である。その家は寿司屋であった為、オヤツとしてイクラの寿司を、その宮家の女性に食べさせたところ、急に目が見えなったそうな。しかし、暫くすると見えなくなった目が、再び見えるようになったという…。

それからやはり宮家では、鮭を食べぬようにと固く戒めたそうである。
by dostoev | 2010-12-02 14:16 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第七話(デンデラ野の人魂)

f0075075_14131341.jpg

遠野に代々伝わる宮家という家系があり、当時の当主であった宮氏はデンデラ野で人魂を見たという。あそこはよく人魂を見る事ができると、常々語っていた。昔、ザシキワラシが住みついていたという山口孫佐ェ門は、狐を愛でていたそうで、デンデラ野の奥に御稲荷様をまつっていたそうな。そして孫佐ェ門曰く


「デンデラ野では夕暮れになるとポッポッと、

                よく狐火があがったものだ…。」



人魂が狐火がよくわからないが、デンデラ野では今でもその類のものを見かけると云う。
by dostoev | 2010-12-02 14:14 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第六話(人魂)

f0075075_14114627.jpg

菊池トシさんは、まだ若かりし頃によく人魂を見たと言う。家のすぐ裏が墓地だった事もあるのだろうか、当時の埋葬は土葬で、あれは人の体にある燐が燃えていたんだと、よく語ってくれたものだった。
by dostoev | 2010-12-02 14:12 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第五話(光興寺の火柱)

f0075075_1495643.jpg

これは海上君が、高校生の時の話である。夜に自転車で、光興寺の友達の家へと向かったそうだ。
途中墓地に差しかかり、ふと見ると墓地から火柱が立ち昇っていたという。

一瞬火事とも思ったそうだが、火事ではなく何か違う超常現象だと認識した時には無性に怖くなり、慌てて友達の家へと向かったそうな。

遠野では昔から、火柱が上がると火事が起こると云われてきた。しかしその時には火事は起こらなかったそうである。しかし、今も昔もそういう現象は起こっているのである。
by dostoev | 2010-12-02 14:10 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第四話(カワウソ?河童?)

f0075075_1461261.jpg

これは、平成三年頃の話である。猿ヶ石川で釣りをしていると、川の中央から何やら赤茶けたものが頭を出した。自分は『イタチか?』と思ったものだった。何故かというと、以前に川からイタチが魚を咥えて這い上がってきたのを目撃した事があるからだ。その赤茶けたものは、その後にポチャンという水音を残して潜ってしまった。

釣りをしているその場所は、見通しが良く自分も視力には自信があったので、もしも再びそのイタチらしきものが這い上がってきても、確認できるものと思っていた。しかしそれは潜ったきり、その赤
茶けた姿を見る事は無かった。

その後正一釣具屋へと行き、その時の話をしたところ、側にいた人物が寄ってきて自分も似た様なものを、小烏瀬川で見たという。話を照らし合わせても似通った感じであった。その後、その赤茶けたものは数人の釣り人に目撃されたが、その正体に関しては皆が挙って理解できないものという事となった。

カワウソの説もあったが、現在では四国の四万十川だけに生息しているのでは?という特別天然記念物のカワウソだけに、もしも皆が目撃したものがカワウソならば大発見である。

ならばという事で、「遠野なのでそりゃあ河童だろう。」と言う事に落ちついてしまった。今も昔も、理解に苦しむわけのわからぬものは、物の怪の類に落ちついてしまう。そうなれば、いつでも河童というものは存在するものと考えても良いのである。
by dostoev | 2010-12-02 14:08 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第三話(小出の発電所)

f0075075_1424969.jpg

これは友達である菊池君が、釣りに行った時の話である。場所は俗に小出のダムと言われているところであった。普段、大雨が降るとその場所には魚が溜まり、良く釣れるという評判の場所であった。
菊池君は、大雨の翌々日にその小出のダムで釣りをしていたのだが何故かサッパリ釣れなかったそうな。

そのダムの底は泥状態で、溜まっているガスが時折ポワンと浮かび上がってくるのだった。夕暮れまでねばった菊池君は水面に浮かぶ泡を見ていると、普段小さなガスの泡しか浮きあがらないのだが、その時にはブクブクブク!と、大きな泡の塊が沢山吹き出てきたそうな。周囲はだんだんと薄暗くなっているのもあってか、恐怖にかられ、慌ててその場から逃げ出したそうである。

人間というものは、普段の景色に慣れてくると、普段とは違う異質なものに恐怖を覚えるものだという。闇が何故怖いのかというと、先が見えない不安があるからだという。つまり、何が出てくるかわからない不安に通じる。菊池君の見たものは、底から何かが出てくるのでは?という不安から、その場を逃げ出したのであろう。
f0075075_1444448.jpg

by dostoev | 2010-12-02 14:04 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第二話(座敷ワラシ)

f0075075_1403691.jpg

平成に入ってからの事である。早池峰神社では座敷ワラシ祭りというものを開催した時に、座敷ワラシ人形も発売したのであった。その座敷ワラシ人形を購入した人には、魂入れの儀式も施すというものであった。

その座敷ワラシ人形を販売するという情報をどこからか聞きつけたのか、新潟で商売を営んでいるが、最近その商売も傾きつつある人物が、座敷ワラシ人形を購入したというものである。それからその新潟の人物の商売は繁盛するようになり、何度か遠野の早池峰神社に赴いて、参拝しにくるという。

遠野の早池峰神社は座敷ワラシの発祥地と云われ、全国に散らばっている座敷ワラシが年に一回だけ、早池峰神社に集結するのだという。それが、4月29日である。
by dostoev | 2010-12-02 14:01 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)

「現代遠野物語」 第一話(狐憑き)

f0075075_13535086.jpg

この話は、友人の本間君の父から聞いた話である。小学校の時、本間君が風邪をひいて学校を休んだ時の事であった。本間君は、1日経っても2日経っても、なかなか登校しなかった。結局、まるまる一週間休んだのである。これは、昭和48年の時の事である。

その後数年経ち、本間君の家へ遊びに行った時のことである。本間君の父親から、当時の話を聞いたところによると、夜な夜な現れる狐が鶏を襲うので、トラバサミ(罠)を仕掛けたら、ある晩にその狐が罠にかかっていたと。そしてその罠にかかった狐を、本間君が棍棒で叩き殺したそうな。それから本間君は高熱を発し、うなされ始めたのだと言う…。

ただうなされるだけではなく、本間君は毎晩不気味な唸り声を発したので、家族皆が「狐に取り憑かれたのでは?」と心配したそうだ。しかしそれも一週間を過ぎると、その唸り声もおさまり、意識も戻ったという事である。動物の死には、三日の忌が必要と云われるものだが、殺した場合には一週間の忌となるという。野生の動物を殺したという黒不浄が、本間君に降りかかった為なのであろうか。
by dostoev | 2010-12-02 13:55 | 「現代遠野物語」1話~ | Comments(0)