遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


狐の窓

f0075075_11365431.jpg

写真のように手を組む形を「狐の窓」といい、こんな風に手を組めば、狐の嫁入りが見れたり、人などに化けている妖怪の正体を見破る事ができるのだというが…。

自分は何故か、この手をできない…。変に指が絡んで…。まるで指のヨガ みたいだ。これができれば、巷を歩いている妖怪の姿や、変な政治家に化けている妖怪などや、自分を騙そうとする女狐の正体を見破る事ができるのに…(^^;
f0075075_11372256.jpg

「狐の窓」の作り方

「けしやうのものか、ましやうのものか正体をあらわせ。」

そしてこれ↑を3度唱える。
f0075075_11374949.jpg

by dostoev | 2007-07-12 11:31 | 民俗学雑記 | Comments(13)
Commented by about at 2007-07-14 23:08 x
お晩です。
私は指が短すぎましたよ(笑)。
下記↓を参考にやってみましたが「窓」になりませんでした。
正体を見破ってみたいですねぇ~。
http://homepage3.nifty.com/kotodama/kitsune.html
Commented by 岩手のGO at 2007-07-15 19:52 x
まあ、できるできないは別として…知っとくと便利?
Commented by 座敷親父 at 2007-07-17 01:28 x
でけたでけた
「けしやうのものか、ましやうのものか正体をあらわせ。」

おお~GOの旦那の正体見たり!民宿稼業に忙しい「いそがし」でやんすな。そんな季節になりもうす。そちらの山ノ神さんと喧嘩せずに「いそがし」しておくんなさいよ。

ところで、熊は8月の中旬頃より当園に出没予定。
和梨の幸水目当てのようでがんす。
毎年収穫できず、頭に来て殆どを伐採したでやんすが、1本のみ残しておりやんす。

この「幸水」の樹を眺められる場所に、やぐらを組んで撮影に臨まれたらいかがでやんすか。ご希望があればやぐらを組みますぜ。

出没する時間帯は朝方のようでがんす。
GOの旦那が張り込みしているとなれば熊は来ないかも?でやんすが。これがおいらの狙いだったりして。

aboutさんもGOの旦那と一緒にいかがだす?
Commented by dostoev at 2007-07-18 09:31
>この「幸水」の樹を眺められる場所に、やぐらを組んで撮影に臨まれた>らいかがでやんすか。ご希望があればやぐらを組みますぜ。

お願い!撮影に行く!!!!
Commented at 2007-07-18 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dostoev at 2007-07-19 06:38
宮城の食いしん坊さん…朝方って…泊りがけで確認?
4時頃に、熊をよく見かけるが、それ以前の時間帯から
待機しないと…。
Commented by 宮城の食いしん坊 at 2007-07-19 16:15 x
朝3時に猫に起こされてますので・・・早いのは平気です

金・土と2泊しなければいけませんかな?
出来ることなら、熊には土曜の朝方に出没してもらって
その晩は駅近くの飲屋街にも行ってみたいなぁ~ (^^ゞ
         (この前、あれから昼見学して来た)
Commented by 500歳の旅人 at 2011-10-25 03:11 x
ほんと、狐は居る。場所、=筑紫野市二日市地区。 四国八十八箇所で、憑いている物目撃。その他、家の壁に黄色い裏の婦人の顔と肉面が。私のインターネットの内容に精通。近くの宗教団体に姿を消して、早朝修行。近所のおばさん、「私たち知ったら、驚くよ」と。・・・鬼門も多い。
Commented by dostoev at 2011-10-25 16:28
500歳の旅人氏…よくわからんです。。。
Commented by you at 2013-08-09 13:52 x
おもしろい文化?ですね。私はこれ出来ました。なんかこのポーズがかこよくて時間があると窓を作ってしまっている自分がいます。
Commented by dostoev at 2013-08-09 16:07
おおyouさん、出来たんですね。すご~い!!!(^O^)/
Commented by 魅夜 at 2015-10-08 21:28 x
私も最近妖怪とやらを間近に見て観たくて、たまに狐の窓で自分の家の中を覗いてます( ̄▽ ̄;)

今の所は何も見えませんがずっとやってたら、だんだんと何かが見えてくるかもしれません(*´∀`)ノ

楽しみだなぁ~((o(^∇^)o))
Commented by dostoev at 2015-10-09 17:40
魅夜さん、妖怪を見るなら、人ごみを見た方が良いかもしれませんね(^^;
<< 遠野不思議 第四百二十話「牛神」 早池峰神社 深夜のホタル探し >>