遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
北は鼠であり、それを北朝..
by dostoev at 08:42
気仙の岳波・唐鍬崎兄弟に..
by 鬼喜來のさっと at 21:37
この南部守行の墓、やはり..
by 鬼喜來のさっと at 20:35
なんで過去の記事が自動的..
by dostoev at 12:18
宮田登「ヒメの民俗学」な..
by dostoev at 07:50
一応調べると女房はやはり..
by 鬼喜來のさっと at 00:03
女児は女房とは呼ばず、「..
by 鬼喜來のさっと at 23:32
>成長した女性の乳房を表..
by dostoev at 07:44
青年誌に連載された『水木..
by 鬼喜來のさっと at 22:13
さっと氏、あけましておめ..
by dostoev at 07:36
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


化け物馬

f0075075_19232755.jpg

伊能嘉矩「遠野くさぐさ」に、「南部大馬の事」という題名で、他の多くの馬を喰い殺した大馬の話があった。大馬とあるが、それは七尋の馬であったとされる。一尋は約180センチであるから、とんでもない大馬の伝説であるが「三戸手引草」では、尋では無く尺の誤であろうという訂正記事が載っているようだ。ただ林田重幸「中世の馬について」を読むと、古今要覧によれば「四尺(121センチ)の馬を世の常の馬とするがゆえに是を子馬といい、四尺五寸(136.4センチ)を中馬、五尺(151.5センチ)を大馬といい、五尺より上の馬は得がたがるべし」とある。であるから例え七尋が七尺の馬になったとしても、有り得ない大きさの馬の話という事になる。ちなみに、遠野市小友町にある源義経の愛馬の墓とされている小黒だが、恐らくは源義経の愛馬の大夫黒が、小黒になっているのではなかろうか。その大夫黒の大きさが五尺六寸であった事から、鎌倉時代の馬の殆どが四尺から四尺六寸であったとの記録から、源義経の愛馬小黒は、その時代ではかなりの大型馬という事になるのだろう。

ところでこの大馬、他の馬を喰い殺したので、さぞかし残虐かと思えば、さにあらず。悪馬種を絶やす為、明神の命を受けてのものとされ、今でも有戸村に大馬塚があって祀られているらしい。その明神の正体は不明だが、どうやら仏教思想の入り込んでいる事から、仏教説話として広まったものだろうか。ただその明神の正体だが、南部駒の産地としての六ヶ所村は、南部氏の本拠とは目と鼻の先である。その南部氏が信仰していた櫛引八幡宮であるが、その八幡大神が御神輿にてまず、御前神社の明神に挨拶に伺う神事がある事から、明神の正体とは御前神社に祀られる水神であろう。その水神の正体は「早瀬川と白幡神社」に書いている。
f0075075_21383726.jpg

中村禎里「ウマの神性と魔性」読むと、藁馬は、豊穣の神を招く馬であろうとしている。盆の行事で、祖霊を送迎するのが藁馬の元来の役割とされているが、時代を遡ると馬とは特権階級の象徴であり、もしくは神が乗るものとされていたようだ。それ故に仏教的に悪事を働いた人の堕ちゆく先は、馬では無く牛であったようだ。ただ室町期になって、人が馬に堕ちる話が登場するようになったという事であるから、遠野の善明寺に伝わる牛になった男の話「真似牛の角」は、鎌倉時代以前に作られた話であろうか。

それ以前の古代では、馬は水神と結び付いていた。水を支配し、水田耕作の豊凶を左右する神でもある水神と馬が結び付いていた。その豊穣神が馬に乗って、山と里を行き来する信仰が生まれた。これは山神が春になり田に降りて田の神になり、秋に山へと帰り、山神になるという話と同じである。早池峯神社の大祭では、神輿が担がれ、境内の外に出る前に駒形神社に寄るのは、早池峯大神が馬に乗る為でもある。つまり早池峯大神と馬は、セットでもあるという事。
f0075075_228385.jpg

この大馬の産地は、陸奥国上北郡六ヶ所村は、古来から名馬を生産する地であり、源頼朝が所有した名馬”生食(いけずき)”の産地であるとしているが、生食の産地は、他地域の説もある。「いけづき」という名に生食という漢字があてられているが、池月という名が別にある。ただ「生食」は”生き物をも食らうほどの猛々しさ”を意図している事から、もしかしてこの六ヶ所村の仏教説話が「生食」の名の出所であろうか。草食の馬が肉をくらう事は無いのだが、人を喰らう馬の話は「小栗判官」の話にも登場する。この「小栗判官」に登場する人を喰らう馬は死後、馬頭観音として祀られる事から、もしかして有戸村の大馬塚には同じく馬頭観音碑があるのではなかろうか。遠野市小友町に入り口には、沢山の馬頭観音碑が並んでいる。ただこれは道路工事の際、散らばっていた馬頭観音碑をまとめたものであるというが、大抵の場合、馬頭観音碑は村境に置かれるものだとされる事から、元々は小友の町の入り口に建てられたものを一ヶ所にまとめられただけなのだろう。遠野市二日町の駒形神社の御神体は、巨大な石の男根である。一般的に勃起した男根は魔除けの力があるとされるが、人間の男根よりも巨大なのは馬の男根である。それ故に、二日町の駒形神社の御神体である男根は、馬の男根を意識しているものと思える。その疑似馬の男根が馬頭観音碑となるのならば、村境に魔除けとして置かれるのは当然の事だろう。コンセイサマで有名な山崎のコンセイサマもまた、より大きな自然石の男根が発見されれば、その御神体の座を譲るとも云われる。世に大きな男根は魔除けであるなら、人間よりも大きい馬。その馬の中でも巨大な馬はもはや神の領域であろう。先に紹介した大馬の話は、元々神馬の話が歪曲され伝わったのではとも思えてしまうのだ。そうでなければ、明神の意を汲んだ大馬が、その死後に塚が作られ祀られる筈もないではないか。
by dostoev | 2018-01-10 22:23 | 民俗学雑記 | Comments(0)
<< 白見山は朝倉岳 「遠野物語拾遺237(山の神)」 >>