遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「現代遠野物語」110話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
七つ森考
六角牛考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
北は鼠であり、それを北朝..
by dostoev at 08:42
気仙の岳波・唐鍬崎兄弟に..
by 鬼喜來のさっと at 21:37
この南部守行の墓、やはり..
by 鬼喜來のさっと at 20:35
なんで過去の記事が自動的..
by dostoev at 12:18
宮田登「ヒメの民俗学」な..
by dostoev at 07:50
一応調べると女房はやはり..
by 鬼喜來のさっと at 00:03
女児は女房とは呼ばず、「..
by 鬼喜來のさっと at 23:32
>成長した女性の乳房を表..
by dostoev at 07:44
青年誌に連載された『水木..
by 鬼喜來のさっと at 22:13
さっと氏、あけましておめ..
by dostoev at 07:36
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


嫁トイウモノ

f0075075_4554984.jpg

かみさんから「そんな無駄なブログなんて、やめてしまえ。」と言われた。まあ、仕事に直結していない事から、無駄といえば無駄。だからといって、ここまで積み上げたものを簡単にはやめられない。ここでフト、子供の頃に覚えた歌のフレーズが出て来た。「いやじゃありませんか家の山の神…。」ドリフターズの「ほんとにほんとにご苦労さん」という歌の中にある歌詞の一節だ。この時は、ただ歌詞を覚えただけで、「家の山の神」が、どういうものかを理解していなかった。ところがそういう場合、子供同士で情報交換があり、山の神とは母親の事を言うのだと、何となく理解した。それが明確に理解出来たのは、自分の父親と母親の力関係を子供視点で見ていくと『なるほど。』となるのに、そう長くはかからなかった。そういう流れの中「刑事コロンボ」というドラマが始まり、主役のコロンボ刑事の口癖に「家のかみさんがね…。」というがあった。やはり、常に"かみさん"を意識している刑事コロンボは、かみさんに頭が上がらないようであったのは、古今東西同じなのだとも理解できた。ただそれでも、本来の山の神がどういうものかは、まだわかっていなかったが…。
f0075075_552290.jpg

ところで、山の神は別に略して「かみさん」とも言われるが、別に「妻」とか「嫁」とも言われる。「妻」は「古事記」にも記されているのでわかるが、「嫁」とは「女」と「家」の結び付き。これは、他人の家に入る女という感覚で思っていたが、取り敢えず「日本語源大辞典」で調べてみた。

嫁とは「息子と結婚してその家の一員となった女性」と説明されている。それでは、その語源はというと、下記に一覧を書く事にしてみる。

1.「呼女(よびめ)」家に呼んだから。
2.「弱女(よわめ)」立場が弱いから。
3.「吉女(よめ)」良女(よきめ)の義。良い女、幸運をもたらす女と解釈か。
4.「世継女(よつぎめ)」世継ぎを生む女。
5.「夜女」夜の殿に仕える女の意か。


まあいろいろあるが、どれも確定ではないようだ。ところで別に「嫁が君」という言葉がある。これは何故か、鼠の異称とされている。「遠野物語」で有名になったオシラサマの話は、馬と娘が結び付いた話になっているが、古くは「日本霊異記」に人間の男と子供までもうける「狐女房」という異類婚の話もある。鼠になると、室町時代成立の「鼠の草子」では逆にオシラサマと同じく、人間に化けた鼠と人間の娘が婚姻を果たす話になっている。ただ、正体がばれて娘は逃げ出してしまう事が、オシラサマとは違ってくる。だが、オシラサマの別譚では、馬を嫌っていた娘を強引に連れて行く話もあるので、一概にオシラサマは馬と娘の恋物語では無い。そして仏教思想が蔓延すれば、畜生類と結び付くのは畜生道に堕ちるとも考えられていた筈である。動物との異類婚を認める事は、普通有り得ないだろう。
f0075075_1248558.jpg

ところで鼠で思い出すのは、地下の住人という事である。「古事記」では、大国主を素戔男尊が放った火から地下へと導いて助けたのが鼠であった。そこでもう一度「嫁」を調べると「夜目(よめ)」という言葉がある。これは先の鼠が「嫁が君」とは本来、夜に行動する鼠を意味して「夜目が君」ではないかとしている。ただ鼠は、そんなにも夜目がきくわけでは無いらしい。その「夜目」とは「夜モノ」の転であるようだ。「夜モノ」とは「名前を呼ぶ事を忌はばかる恐ろしいもの」。これは夜行性の獣全般に言えるようだが、ようは夜と云う時間帯は人間では無く、神や魑魅魍魎の時間帯となる。つまり夜モノとは闇のモノと考えても良いだろう。闇が広がるのは、黄泉国もそうである。鼠が「嫁が君」と呼ばれる背景には、もしかして黄泉津大神(よもつおおかみ)がいるからではなかろうか?鼠は、黄泉津大神の使いであると。闇の国である黄泉国を支配するのは、女神だ。「嫁が君」とは暗に黄泉津大神である伊邪那美を指している可能性があるだろうか。

津は「~の」の意であるから黄泉津は「よもの」とも読める。黄泉津は闇世界であるから、そこに君臨する黄泉津大神とは、伊邪那美の変化である。伊邪那美は黄泉津大神となって伊弉諾に対して「一日、千人の人間を殺す」と宣言した恐ろしい女性である。となれば、「家の山の神」も「嫁」もまた、恐ろしい存在として認識されたという事になるか。
by dostoev | 2017-12-28 12:42 | 「トイウモノ」考 | Comments(13)
Commented by 河童ハゲ at 2017-12-28 18:28 x
あ~あ
強い者が我慢しなかったら世が乱れるし
弱いがゆえに執拗な復讐をしても世が乱れるし
だからいい塩梅にすればいいのに
泣く子と地頭と山の神には勝てぬ
終身刑と看守みたい

写真が綺麗ですばらしいのに!
Commented by dendoroubik at 2017-12-28 23:15
こんばんは!
はじめてコメントさせていただきます
・・・といっても毎回記事を拝読し
ひとり昂奮したりインスパイアされたり
まだ見ぬあこがれの遠野に思いを馳せています(^-^
今冬は寒波もまだまだつづきそうですね
お風邪など召されぬよう
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ
Commented by dostoev at 2017-12-29 19:40
河童ハゲさん、なんとコメントしてよいのやら…。
Commented by dostoev at 2017-12-29 19:44
dendoroubikさん、初コメントありがとうございます。そうでしたか、遠野に興味がありましたか。とにかく、いつか来る機会もあると思います。その時は、ゆっくりと遠野を感じてくださいませ。

寒波は全国的みたいで、どこに行っても寒そうです。でも今日は、長崎県からのお客さんが来ていますが、あまりに遠野が寒くて驚きましたと。ただ自分は遠野育ちなので、どうにか慣れているだけです。風邪、ひきたくないものです。それでは、来年もよろしくお願いします。
Commented by soma0506-yca at 2018-01-01 15:10
女性というものは、結婚して子供が生まれて、いつからか自分でも気が付かないうちに額に二本の角が生えてくるのです、、、。
私も、今では立派な角が生えております(^^;)
妻になり母になるということは、神ではなく心に鬼を宿すことなのではないかと思っています。
色んな鬼がおります、悪い鬼ばかりで母にありませんが、どちらにしても強くあらねば、妻も母も勤まらないのです。
男性には怖いのでしょうね、、、(^^;)
Commented by dostoev at 2018-01-01 19:49
鬼子母神じゃないですが、鬼は菩薩にもなりますからね。例えばローマ神話で月の女神は、ダイアナとヘカテという二面性を提示しているのはもしかして、女性の二面性を意図して作った女神なのかもしれません。家の山の神も、機嫌良い時と悪い時の二面性で、かなり引いてしまいます(^^;そういう意味で、女性はいろいろな役に成り切れる、名女優なのかも。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2018-01-04 03:27 x
明けましておめでとうございます。海軍小唄の替え歌であるドリフのズンドコ節は自分も歌えるのですが、確かにおしらさまの話のバージョンのひとつに、両親の夢枕に立った娘が、「おらは生まれが悪いから、生きながら畜生道に堕ちてしまった」と語る下りがありますね。娘が馬を嫌がるバージョンは古くは『捜神記』に見え、『南総里見八犬伝』の八房と伏姫の話の原案になっているようです。
Commented by dostoev at 2018-01-04 07:36
さっと氏、あけましておめでとうございます。まあ今のオシラサマバージョンは、観光客向けバージョンでもありますからね。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2018-01-04 22:13 x
青年誌に連載された『水木しげるの遠野物語』では描かれていますが、「遂に夫婦となれり」が馬と人間の中学生ぐらいの年頃の女子が性行為に及んだから、激怒した父親に殺されたなんてのは、遠野の子供たちもあまり知らないようでしたからね。ところで嫁や妻の外に嬶(かか・がが)もありますが、これは匂いをあらわすものでもあり、蛇の古名でもありますから、田の神であり山の神でもある案山子にもつながってきますね。また女房は元々婦人を指す言葉ですが、成長した女性の乳房を表すものであり、赤ん坊は母親の匂いを判別して乳首にたどり着くそうですからね。
Commented by dostoev at 2018-01-05 07:44
>成長した女性の乳房を表すものであり

女房は別の意味で覚えていましたが、確かに漢字からそういうイメーシも感じますが、出典はどこでしょうか?
Commented by 鬼喜來のさっと at 2018-01-05 23:32 x
女児は女房とは呼ばず、「おんなのふさ」ですから、二次成長期を迎えた女性の乳房の事かと思っていたので、ごめんなさい出典なしですね。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2018-01-06 00:03 x
一応調べると女房はやはり中国語では女の部屋と言う意味になり、武蔵坊弁慶などの何々坊(房)などにみられる宿房名とほとんど同義になることから、中国の人たちには、日本人の女房と言う言葉が奇異に聞こえているみたいですが、実際、女の房とは女性蔑視ではないかとタブー視する風潮もあるようですし、元々の語源云々はともかく、宮中に仕える上級女官を表すはずの「女房」と言う言葉が。嫁の異称として中世以降、今日まで広く用いられたのは、子供を産む母性の象徴としての乳房が関係するという俗説自体が、もともとあった故なんではないかと言う気がしますね。
Commented by dostoev at 2018-01-06 07:50
宮田登「ヒメの民俗学」などを読むと"女の家"が紹介されておりオシラサマもまた女だけでやる。そして遠野には、女だけの山神祭がある事から、女だけの特異な空間はあったわけです。そういう意味では、大奥もまた女の家ですね。心臓の右房左房もそうですが、独房や茶房も、独立した空間ですから、女房はおそらく女性の仕切る空間に男が間借りしている状態。つまり家の主という意味での女房だと思います。ある意味、女をたてる言葉でもあるのでしょう。
<< 笊と箕 大荒れだった遠野 >>