遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
さっと氏…まるで「徒然草..
by dostoev at 18:26
下駄を利用したトレーニン..
by dostoev at 18:25
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


遠野七観音考(其の五)

f0075075_1926111.jpg

遠野七観音伝説には、慈覚大師が物見山の桂の木から七体の観音を彫りあげて、各地に祀ったとの伝説がある。これとは別に、附馬牛の沢の口にあった松ノ木の大木から彫ったともされるが、どれも定かでは無い。
f0075075_19315656.jpg

ただ、現存する七観音で一番古いとされる鞍迫観音像の材質は、桂の木であるようだ。
f0075075_19345438.jpg

鞍迫観音の境内には、「蛇棲み桂」と呼ばれる桂の古木がある。古代中国の「酉陽雑俎」に、月には桂の木とガマガエルがいるとあり、また五百丈もの桂の木を、仙人の呉剛という男が、いつも伐るが、伐っても伐っても直ちに樹の切り口が塞がるという、永遠の呵責が課せられている説話があり、桂の木に不死が結び付いている。また「山城国風土記」には、「月読尊、天照の勅を受けて、豊葦原の中国に降りて、保食の神の許に至りましき。時に、一つの湯津桂の樹あり。月読尊、乃ち其の樹に倚りて立たしましき。其の樹の有る所、今、桂の里と号く。」

これらの話は、桂の木に月読尊の霊力が依ったものと解釈でき、桂の木と月と不死の話が結び付く。つまり、桂の木には月神が憑き、月に伴う変若水という不死の水。つまり、月神と水神信仰の踏襲でもあるかもしれない。その水神は、しばしば蛇神ともなる事から、この鞍迫観音の「蛇棲み桂」は、そのまま受け入れる事が出来る。また別に、小友の千本桂もまた大蛇(白蛇)が棲みついていた伝承がある事から、桂の木は水神や蛇神と結び付いていると知られていたという事だろう。「古事記」において、山幸彦は海神の宮殿へ行き、井戸の側の桂の木に登っていて、海神の娘に発見する話があるが、これは桂が神の依代であると共に、水との縁が深い事を示している。そして海神の娘である豊玉比咩は、ワニとも竜=蛇とも云われる。この「古事記」の話からも、桂の木と蛇が密接な関係にある事が理解できる。
f0075075_19492332.jpg

ところで日本に仏教が輸入され、その教義の布教と共に仏像の布教もあった。仏像を広める時に、それまで認知されていた神を利用した。

「この木には、神が宿っています。この神の宿る木から仏像を彫りあげるという事は、神と仏が一体という事です。」

本地垂迹というと、神の本地は仏であり、神よりも位が高いものと広めた。しかし、神の宿る木から彫った仏像は、あくまでも目の前に見えるのは仏像の姿だけである。つまり仏教の教義とは逆に、仏像になった樹木に宿った神の姿が、大抵の者の目には見えていない。それは仏像の奥に潜んだ神の本体こそが本地とも取れるのが、仏教側の示した本地垂迹ではないか。そして、桂の木から彫った仏像に宿る神とは様々な事象から考えるに、それは水神であり、龍蛇神であり、月神であるべきだろう。慈覚大師円仁が彫ったとされる遠野七観音が桂の木から彫られたという事は、初めから水神を遠野七観音の中に封じ込めようという意図があったのものではなかったか。遠野七観音には、観音像を彫った後に、七つの井戸で洗ったとの伝承がある。それはつまり、仏像の穢祓をしたという事。それはつまり、七瀬の祓いを意図した伝説では無かったか。

遠野に於いての慈覚大師円仁が関係する伝説は、この遠野七観音と早池峰に関するものだけである。早池峯の神も水神である事を踏まえても、天台宗の慈覚大師円仁は、水神を仏像の中に封じると意図をもって仏像を彫ったとも考えられる。慈覚大師はあくまで伝説ではあるが、天台宗の関係が遠野に来ているのは確かであろう。その天台宗は、星の宗教とも呼ばれる。天台宗の総本山である比叡山は、北斗七星が降りたとされる霊山である。その星の教義を携えて、遠野を訪れたという事だけは間違いない事であろう。早池峯と遠野七観音は、天台宗の教義に深く関わるのだと思えるのだ。
by dostoev | 2017-07-28 21:20 | 遠野七観音考 | Comments(3)
Commented by 秩父まほろば at 2017-07-29 17:57 x
こんにちは。
円仁の話ですが、宮城の名取老女由来のお寺が天台宗と決まっていて、熊野三社を開いた人と伝わります。熊野だし、遠野のオシラサマなどにも関係しているのかなあ?と思いました。
一関にその由来のお寺がありますが、オシラサマがたくさんあり、そのお寺も天台宗です。
Commented by dostoev at 2017-07-30 06:12
西の真言、東の天台と云われる様に、東北はまず天台宗が布教して回ったようです。坂上田村麻呂の「蝦夷征伐」後、基本的には狩猟民族だった者達に、米作りや養蚕という文化を伝えたのもその頃でしょう。その時代の知識人というのは、宗教人が中心でしたから、神社仏閣は宗教だけでなく文化の拠点でもあったようです。ただ加えればお寺には、個人が扱えなくなった神仏像なども集まった場所でもありますから、そのオシラサマは初めからあったものか、後から集まったものかは調べないとわかりませんね。
Commented by 秩父まほろば at 2017-07-30 09:49 x
なるほど。ありがとうございます。オシラサマが気になったもので。
<< 光る化け雉 早池峯不動三尊 >>