遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
このガイドには、そんなに..
by dostoev at 10:35
良いなあ〜。 夜のガイ..
by soma0506-yca at 09:32
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「遠野物語2話(遠野三山)」

f0075075_1539443.jpg

遠野の町は南北の川の落合に在り。以前は七七十里とて、七つの渓谷各七十里の奥より売買の貨物を聚め、其市の日は馬千匹、人千人の賑はしさなりき。四方の山々の中に最も秀でたるを早池峯と云ふ。北の附馬牛の奥に在り。東の方には六角牛山立てり。石神と云ふ山は附馬牛と達曾部との間に在りて、その高さ前の二つよりも劣れり。

大昔に女神あり、三人の娘を伴ひて此高原に来り、今の来内村の伊豆権現の社にある処に宿りし夜、今夜よき夢を見たらん娘によき山を与ふべしと母の神の語りて寝たりしに、夜深く天より霊華降りて姉の姫の胸の上に止まりしを、末の姫目覚めて窃かに之を取り、我胸の上に載せたりしかば、終に最も美しき早池峯の山を得、姉たちは六角牛と石神とを得たり。若き三人の女神各三の山に住し今も之を領したまふ故に、遠野の女どもは其妬を畏れて今も此山には遊ばずと云へり。

                          「遠野物語2話」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この「遠野物語2話」の一節「大昔に女神あり」だが、正確には「山河有り」から始まった物語であろう。それは、山があってこその女神であると思うからだ。ところで遠野三山とは言うけれど、「遠野物語」には、早池峯と六角牛の逸話は登場するが、石上山は何故か「遠野物語拾遺12話(姥石)」だけが紹介されているだけだ。恐らく石上山はバランスを採るために後から加えて、三山形式にしたのだと思われる。ただし、石上山の鎮座する綾織町には"綾織三山"が存在し、石上山は別格の山であるとされているのは、やはり格式が高いとされる山であるからだろう。

大同元年に早池峯妙泉寺、大同二年に六角牛善応寺が建立されたという事だが、似た様な形態に、茨城県の金砂郷がある。ここは慈覚大師円仁の故郷であるが、やはり大同元年と大同二年に続けて本宮と別宮が建立されているのは、天台宗の教義による影響からなのだと考える。これがいつしか三山形式になったのは恐らく、羽黒修験の力が遠野に及んでからではないだろうか。その羽黒修験は、熊野修験に影響を受けており、その大元は熊野三山が発祥では無かったか。また、偽書と呼ばれる「竹内文書」にも、何故か早池峯と六角牛が登場しており、五葉山を含めて沿岸域からの三山となっている。さらに気仙三山と呼ばれるものは、五葉山、氷上山、室根山とされている。そして岩手三山が、岩手山、姫神山、早池峯山となる。奇妙なのは、この岩手県内全ての三山に、早池峯の女神が含まれている事であろう。三山の大元が熊野三山であるならば、それを伝えた熊野修験と早池峯の女神とが、深い関係にあるものと考えるべきではなかろうか。

「遠野の町は南北の川の落合に在り。」という一節だが、JR発行の雑誌に、京都の下賀茂神社の紹介の一節に「龍神は天空から地上をうかがうとき、足がかりとなる山頂をみつけて舞い降りる。京都盆地では北山に降り、この下鴨あたりに涌き出る清水を飲んで勢いをつけ、鴨川添いに一気に南下するであろう。」ここに記されている北山とは、北斗が降ったとされる比叡山であり、その麓の下賀茂神社は、龍との繋がりが深いという事を書き示しているのが理解できる。
f0075075_1738233.jpg

宮本健次「江戸の陰陽師」を読むと、やはり北に高山が聳え、川が北から南へと経由して西に流れるのを理想としている。更に、東から西へと川が流れる地を良しとしている。これはそのまま、北に聳える早池峯を頂点として、早池峰山麓を水源とする猿ヶ石川が南方から西に流れる北上川へと合流している。北に高山が聳えるという事は、つまり南面しており日当たりの良い地である事と共に、北風を避ける地を意味していると。そして東には仙人峠を水源とする早瀬川が西へと流れ、猿ヶ石川に合流している。この川の流れは、農業用水や飲料水としてだけではなく、大地の汚物を処理して疫病を防ぐ事にも適しているのだと。
f0075075_1932552.jpg

平安時代に書かれた日本最古の庭園書である「作庭記」によれば、「東方よりいたして舎屋の下を通して未申方へ出す最吉也。青竜の水をもちて、もろもろの悪気を白虎の道へ洗いたすゆえ也。」と。この"白虎の道"とは、"穢祓の道"でもある。例えば上記の画像"西国巡礼塔"であるが、遠野であるなら大抵村外れの地に建っており、そこから西国に度立ったという。この西国巡礼の旅は、三十三所の観音霊場の巡礼であり、それを巡る事によって罪や穢れが祓われると信じられた。つまり、罪や穢れを持って西国へと旅へ向かったという"白虎の道"である。ちなみに誰でも行く事の出来る旅では無いので、"プレ三十三所観音霊場巡礼"は、現在遠野の福泉寺で体験できる。
f0075075_18143085.jpg

以前、早池峯山・六角牛山・石上山・物見山に線を引いて繋げてみると、その線の真中に横田城跡が来た。陰陽五行によれば、真中は黄龍の地、つまり支配の地という事から、意図的に阿曽沼氏は、その地に横田城を築いたのではないかと考えた。この四神相応の思考は、何も阿曽沼だけでは無い。奥州藤原氏について書き記す「平泉誌」には、「左青竜河流。右白虎西有大決。前朱雀前有北森。後玄武後在山巌」と、奥州藤原氏もまた四神相応を意識していた事がわかっている。その奥州藤原氏の祖は、安倍一族であり、遠野での拠点は恐らく土淵であったろう。何故なら土渕こそ、早池峯が北に聳える山と認識される地でもあるからだ。現在の遠野の町からでは、早池峯山を見る事が出来ない。菊池春雄・荻野馨「遠野市における館・城・屋敷跡調査報告書」によれば、安倍一族の館跡には二つの石が立っており、その間には必ず早池峯が入るとの事から、安倍一族も又北に聳える早池峯を意識していたのは、まず間違いないだろう。「続日本記(二月甲戌)」元明天皇による遷都の詔では「平城の地、四禽図に叶ひ、三山鎮を作し、亀筮並に従ふ。都邑を建つべし。」というように、三山が登場する。ここでの三山は"大和三山"と呼ばれるもので、香具山・畝傍山・耳成山をいう。「万葉集」の歌に「香具山は 畝火ををしと 耳成と 相あらそひき 神代より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬をあらそふらしき」という大和三山が神代に恋争いをしたという歌があるが、これが恐らく岩手三山(岩手山・姫神山・早池峯山)の恋争い伝説の原型であろう。大和三山では、畝傍山が男神である説と、女神である説がある事から、岩手三山の中では、早池峯山が畝傍山の位置にされて伝えられている。

四神相応を謳いながら平城京が三山で良しとしているのは、その山のバランスが良いという事に加え、北に山があれば南は、北よりも低くなだらかであり水が豊富であれば、山があっても無くても良いからだ。南は朱雀となるが、あくまで南方の守護であるから、山は無くとも良い。遠野の場合、南には物見山が聳えるが、遠野三山よりも低く、それよりも重要なのは、古代の物見山は桂の木が多く、慈覚大師が七体の観音様を彫ったとの伝説も残っている。そして物見山には池が三か所もあったという程、水が豊富な山であったようだ。風水的には、南に水が豊富であるのが良しとされる事から、物見山は霊山としての資質はじゅうぶんにある山という事がわかる。
f0075075_22535051.jpg

こうして遠野は、三山が理想の形に鎮座する盆地であり、陰陽五行的にも理想の地である事から、三女神伝説が組み込まれ、語られたのであろう。遠野は地形的にも、伝説が発生する土壌が大昔からあったという事はだ、既にそれを見出して、遠野に移り住んだ人々も多く居たのだろうと思えるのである。

ちなみに補足であるが、上の画像は、寺沢高原から見た、冬の石上山である。早池峯山や六角牛山に比べて、山容が余りにも地味すぎる。だが石上山に登った事のある人ならわかるが、登山道は三山に相応しいものだという事を付け加えておく。見た目は地味な石上山は、登ってこその山。是非多くの人に、遠野三山制覇をして欲しいものである。
by dostoev | 2016-05-21 23:07 | 「遠野物語考」1話~ | Comments(0)
<< 「遠野物語拾遺290(虫)」 桜の季節からツツジの季節へ >>