遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
厳島神社が豊穣を司るとい..
by dostoev at 15:53
片参りについては、多度に..
by 五十嵐 洋 at 16:31
んっ?帝銀事件のじゃなくて?
by dostoev at 10:59
 大同製鉄と山陽帝国銀行..
by 佐久間 at 21:22
この間は、どうもありがと..
by dostoev at 09:59
こんばんは。 こないだ..
by ネコちゃん元気ですか? at 20:42
御伽屋さんにも是非に^_^
by masa at 08:50
大規模な崖崩れは、殆ど記..
by dostoev at 07:56
人形は確かに、今後どうな..
by dostoev at 07:53
地元で地層や化石に関係し..
by masa at 16:49
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雨に濡れる座敷わらし祈願祭(2016.04.29)

f0075075_1524536.jpg

今日、4月29日は、遠野の早池峯神社で座敷わらし祈願祭が行われた。昨夜、自分の民宿に泊った客で、早めに行きたい客は、朝の6時に朝食を食べて、そのまま早池峯神社へと直行。なんでも座敷わらし祈願祭当日は、早くから駐車場などが混むのだそうだ。ただし、座敷わらし祈願祭は、参加者が増えた為、二回に分けて行われる。自分は、二回目の祈願祭に参加する客を、早池峯神社まで送り届けに来たに過ぎない。
f0075075_15323260.jpg

遠野の駅周辺は、朝から雨が降っていた。早池峯神社の方はどうかと思ったが、気にならない程度だったが、やはり小雨が降っていた。
f0075075_15335752.jpg

小さな水溜りが、早池峯神社境内に、いくつか出来ている。
f0075075_1535940.jpg

ただこの雨で、神社の杜が生き生きと感じる。
f0075075_15363341.jpg

写真は遠景なので、拝殿内部はよくわからないと思うが、内部は雨宿りの客で膨れていた。
f0075075_15404160.jpg

他人達は、本殿前に建てられた仮設テントの中で待機している。
f0075075_15415369.jpg

本殿内部では、一度目の神事が行われている。本殿の外に並んでいる、傘と履物が目に付く。
f0075075_1544312.jpg

今年も10体の座敷わらし人形を販売したのだろうか。自分の宿の客は、待って待ってやっと今年、手に入れる事が出来ると言っていた。
f0075075_15455461.jpg

by dostoev | 2016-04-29 15:46 | 遠野情報(雑記帳) | Comments(8)
Commented by masa at 2016-04-30 07:00 x
東京から来られた若い常連さん?が、御伽屋さんをかなり勧めてました。
にしても、金で我先にな欲深い争奪戦を垣間見ました。そういう所に座敷わらしは、果たして棲みつくのか・・・と思って見てました。
Commented by dostoev at 2016-04-30 08:07
なんか、座敷わらし人形を巡ってのトラブルを、いろいろ聞きましたね。なかなか早池峯神社まで来る事が出来ないのが、人の感情を刺激したのでしょう。座敷わらしの魂の数は決まっていて、過去に行き着いた場所から戻って来たのもあると聞きます。つまり、座敷わらしの魂は、人から人、より良い人の元へと辿り着くのでしょうか。強引に奪っても、その人の元からスルリと逃げてしまうのが、座敷わらしなのでしょう。
Commented by masa at 2016-04-30 18:33 x
神の依代であり年に10体だからこそ、価値もあるかと思うのでむやみに量販はすべきではないと思いますが、十凪さんの本で予約者が急に増え、今回の様な事が度々あり目の前で割込みされるのも困りますね 笑。
毎年お見えの方がおっしゃってましたが、中には関西方面から高い旅費を掛けて受けられるかも分からないのに来られる方もおり、いつ回ってくるかも分からない状態は見直して欲しいと。それには同意します。

Commented by dostoev at 2016-04-30 19:18
予約をしていても、今年は手に入らないからと来ない人もいると思うのですよ。それが急にキャンセルになったので、飛び込みの方に座敷わらし人形を与えるのは、やはり理不尽かなと思います。祈願祭当日に全て人形を渡すのではなく、キャンセルが出たものは、後日予約順位を確認してから、翌年の祈願祭に繰り越しても構わないので、何年も待っている方を優先して渡して欲しいものですね。
Commented by masa at 2016-05-01 09:31 x
同意です。電話では言った言わないがありますから案内状なり、授与書での交換が揉めなくていいですね。早く授かることに越した事はありませんが、無理強いして受ける気にはなりませんでした。
受けられなくとも、遠野を散策する楽しみがあり、
また今回は市長にもばったり会いましたし、色々な話も聞けましたし、知り合いにもなりました。ある意味御加護があったと思っています。

神社ではすぐお隣に居られたみたいですが、直接ご面識がありませんのに、コメントありがとうございます。
Commented by dostoev at 2016-05-01 11:18
>神社ではすぐお隣に居られたみたいですが

ああそれじゃ、Fさんの近くにいたのですね。遠野は調べれば、面白い事が出てきますので、表面的な観光以上を期待するなら、面白い土地ですよ。また遠野においで下さい。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2016-05-02 12:28 x
ザシキワラシ人形、自分も授かりたい気もするのですが、早池峰神社はまだ未参拝なのでまずは挨拶からですね(笑)。例の本、ざっと目を通しましたが佐々木喜善の『奥州のザシキワラシの話』に通じるものがあって資料としていいですね。後半に越中のヒンナガミに代表されるような厭魅についての記述がありますが、招き猫も便所神もオシラサマもザシキワラシも、恐らくは同根の呪術的信仰であろうとみる仮説にそう内容になっているのが興味深いです。気仙の稲子沢長者が曹洞宗に関わっているのはぼぼ間違いないのですが、そういえば遠野のザシキワラシ伝承に曹洞宗などの禅宗寺院との関係はありましたっけか?
Commented by dostoev at 2016-05-02 12:55
遠野の曹洞宗に、座敷わらし関連の話は聞かないですね。ただ、遠野の曹洞宗のいくつかも、元々は天台宗であった事から、天台宗から真言宗に変っていった早池峯妙泉寺との関係があるのかもしれませんが、よくわかりません。
<< 夜ガイド(夜の山は吹雪いていた。) 白い闇(マヨヒガコースの下見) >>