遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯遥拝所
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
村上もとかの漫画「龍-R..
by dostoev at 12:19
いくつかひらめいたこと。..
by イキナリ at 03:56
これは「平泉の原像」から..
by dostoev at 10:20
遠野市松崎駒木の高瀬遺跡..
by 匿名希望 at 18:09
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


座敷わらしを呼ぶ

f0075075_1732487.jpg

佐々木喜善「遠野のザシキワラシとオシラサマ」には、座敷わらしを呼び込む方法が記されている。その方法とは、家を新築する時に、ザシキワラシと称する童形の人形を木で彫り起こし、座敷の床下に人知れず埋めておくと、その家には座敷わらしが出るそうである。また、小さな祠に、木彫りの童女童子の像と、書物に鏡と櫛を加えて厳封し棟木に打ち付けて置くと、その霊魂が座敷に現れる可能性も示していた。ただそれが、座敷わらしと言って良いかどうかはわからない。
f0075075_17505735.jpg

小正月の夜、又は小正月ならずとも冬の満月の夜は、雪女が出でゝ遊ぶ
とも云ふ。童子をあまた引連れて来ると云へり。

里の子ども冬は近辺の丘に行き、橇遊びをして面白さのあまり夜になるこ
とあり。十五日の夜に限り、雪女が出るから早く帰れと戒めらるゝは常のこ
となり。されど雪女を見たりと云ふ者は少なし。

                       「遠野物語103」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この「遠野物語103」には雪女と共にあまたの童子が登場するという、雪女譚としては極めて稀な話となっている。その為、それが本当に雪女なのか?という疑問も無いわけでは無い。実は、遠野の綾織に伝わる話に、こういうものがある。
f0075075_17583030.jpg

綾織村字大久保に水口という農家がある。今から七十年前ばかりのこと、正月十四日の晩、非常な吹雪であったところが、その夜宮守村の日向という家から、何かしら笛太鼓で囃しながら、賑やかに出て来たものがあった。それが水口の家の前まで来ると、ぴたりと物音が止んでしまった。世間ではそれが福の神で、その家に入ったのだと言ったそうである。それから水口の家の土蔵にはクラワラシが居るようになって、家計が非常に豊かになったということである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この話は、福の神が賑やかに登場し、水口の家にクラワラシ(ザシキワラシ)を置いて行ったような話になっている。イメージとしては、真冬の百鬼夜行であろうか。平安の夜は、魑魅魍魎が跋扈する為に、人は恐れてめったに夜の町を歩かないもの。そういう意味では、東北の吹雪の晩も、人の歩く状況では無い事から、百鬼夜行が歩む時でもあろう。また「遠野物語103」で語られる満月の晩も、同じ事を意味している。満月もまた古代から直接見るものではないと云われ、東山文化では、そういう月を見る為に池に映して見る事が考案され、それが風流だともされた。しかしその本意は、満月とは古今東西、人の心を乱すものとして考えられてきた。そこに魑魅魍魎の入り込む余地は、十二分にあったのだった。それ故か、満月に晩に雪女が現れる話も、そういう背景が含まれて語られたのだろう。ただここでは、満月と小正月前後がキーワードになっている。

例えば遠野でオシラアソバセをする日が十四日であったり十五日であったりするのも、小正月と十五夜前後が重なっているからではなかろうか。それを踏まえれば、オシラサマもまた月に関係する神では無いかとも思える。その小正月、もしくは満月の晩に雪女が童子を連れてくるのは、綾織の福の神の行列にも重なってしまう。最終的に、クラワラシを与えてその家が裕福になり、また雪女の連れて来たあまたの童子がザシキワラシであるならば、「遠野物語103」での雪女は、ザシキワラシという福をプレゼントしにきたサンタクロースのもののようにも思える。となれば、ザシキワラシに遭いたいと思う人は、小正月を前後する日か、冬の満月の日にその可能性が高くなるのかもしれない。
by dostoev | 2015-12-08 19:07 | 民俗学雑記 | Comments(4)
Commented by 武田 at 2015-12-08 21:58 x
はじめまして。
突然のご連絡失礼致します。
テレビ東京『ウソのような本当の瞬間』を担当しております、武田と申します。
この度は、当番組の一部でたぬきに関する会社を取り上げております。
そこで、こちらのブログ(2014.03)に載っている遠野物語拾遺の化け狸の画像を使用させて頂きたいのですがいかがでしょうか?
急で大変申し訳ありませんが、もし可能でしたらこちらのコメント欄にお早めにご返信頂けると幸いです。
何卒、よろしくお願い致します。

武田
Commented by 鬼喜來のさっと at 2015-12-22 13:17 x
北朝鮮と満州の国境にある霊峰白頭山(長白山)と石川県輪島市の能登總持寺祖院、そして霊峰白山を結ぶと浮かび上がるのが、岐阜県飛騨市河合村の月ヶ瀬なんですが、この地は奈良法隆寺金堂の本尊、国宝・銅製釈迦三尊像の作者として知られる飛鳥時代の仏師・鞍作止利(鳥仏師)の出生伝説を伝える場所で、鳥仏師の母親、或は祖母ともいう信夫(忍)という醜女が、十五夜の夜に川面に映った月影を掬い飲んだことにより懐妊し、以来月影が映らなくなった故事が地名の由来譚となっているんです。その後生まれた子供は鳥のように首が長かったので「鳥」と名付けられたそうですが、月の子ゆえに神通力を持ち、木偶人形に魂を吹き込んで使用人として使い、荒れ地を開墾し水田を耕作させ、見る間に長者になったと言い、その時出た糠籾が積もった跡が糠籾山、のちに都に上る際、木偶人形を葬ったのが人形山であると言われているんですよ。人形山の伝承は左甚五郎の事であるとも言われ、鳥仏師の子が飛騨の甚五郎になったという伝えもあるようですから、棟上げの際に収められる大工人形が座敷童子であるという伝えはここに関係するとみているんです。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2015-12-22 13:45 x
大工人形は和船の造船の際に帆柱の根元に納められる御船玉の神体と酷似し、便所神の習俗にも同様のものがありますね。先日も少し触れましたが、水面に映った月影を掬い飲んだことにより懐妊する下りは、横山不動尊の申し子とされる水沢正法寺二世月泉良印の出生伝説と同じであり、中国宋時代に著された仏教書である『碧巌録(へきがんろく)』の第九十則・智門般若の體に、兎は中秋の月に向かって口を開き、月光を呑むことで懐胎し、口中から子を産むとあり、禅の言葉に「掬水月在手 弄花満香衣(水を掬きくすれば月手に在り、花を弄ろうすれば香衣に満つ)」とあることから、これが伝説の成立に関係しているんだと思います。
そして、大陸の化け猫である「金華猫」は月の精を取り込んで化けるとされていますから、これらから導き出されるのは蠱毒厭魅だろうとみているんです。事実、鳥仏師や飛騨の甚五郎の用いた人形が葬られた伝説が伝えられる人形山の近くには、厭魅の一種である「ヒンナガミ」の伝承が伝わる富山県礪波地方があり、人形山には白山信仰に関係する別の伝承も伝わっていることから、密接に関わっているとみているんですよ。
Commented by 鬼喜來のさっと at 2015-12-22 14:18 x
山形県に伝わった産女の怪は、小正月十五日の晩に化けて来るんだそうで、
小正月十五日の晩にナ、オボメどいっで、お産のとき難産で死んだオナゴが赤ン坊ば抱(かか)えで幽霊になって化げで来んならドォ。
 苦(くる)すんで苦すんで難産で、浮がばんねくて、恨(うら)めすくて、十五日の晩、便所さ出でくんならド。
 ほんで、小正月十五日は便所ば、すかっと掃除して、その晩は誰も行がねもんだった。朝までよォ。
http://minwa.fujipan.co.jp/area/yamagata_046/
とあって、雪女の伝承と関連性が窺えますね。
綾織の話はやはり大晦日の晩に福分を運んで来る「笠地蔵」の話のバージョンですが、同様の話は死体が黄金に変わった「大歳の客」や、節分の「鬼は内」や「貧乏神」の話にも見え、一見禍々しいマレビトが最終的に財を齎すのは異様とも思えます。季節的には冬から春へ、陰から陽へと変わったことを指し示すことから、災い転じて福と成すといったところでしょうが、綾織の話も、座敷童の話が伝えられる山口の孫左衛門や気仙の稲子澤長者の話とセットの話のはずで、背景に曹洞宗や白山行者が関わっていることは、自分はほぼ間違いないとみているんですよ。
<< 瀬織津比咩の見せる夢 早池峯神社の不思議(電磁波) >>