遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNの落書き帳
外部リンク
最新のコメント
ありがとうございます、息..
by soma0506-yca at 10:17
soma0506-yca..
by dostoev at 21:11
観月祭の記事拝見させて頂..
by soma0506-yca at 10:41
下記のURLは、早池峯神..
by dostoev at 18:41
この早池峯神社山門の神像..
by dostoev at 18:39
数十年前に、旅の手帳とい..
by soma0506-yca at 06:56
doronko-ton..
by dostoev at 15:59
駒木の西教寺の開山年代が..
by dostoev at 15:58
お邪魔します。 インパ..
by doronko-tonchan at 15:30
天台に始まるという駒木の..
by 鬼喜来のさっと at 14:18
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


龍神と瀬織津比咩の神霊写真(月刊「ムー」)

f0075075_16463058.jpg

「神話の里」宮崎県西臼杵郡高千穂町に出現した2体の龍神と水の女神。聖なる土地に伝わる神々の伝説とは?

市民ガイドをされている今村洋氏に連れられ、とある民家を尋ねた。庭に建てられた鳥居と社(八大龍王神)と刻まれた石碑が目にひく。社の中で件の写真と対面した。

「2体見えます。向って右が男性で体が大きい。左が女性で体が小さい。写した場所はこの家の真上。カメラが趣味のタクシー運転手がたまたま撮影したんですよ。写真の持ち主はこの家の人。私の知り合いです。」
f0075075_16472256.jpg

この家に建立された神社は管理する者がいない為に少々荒れているという。

「ここは昔お寺でしたが、大友宗麟が壊してしまった。だからここをテラシタっていうんです。上の方に石塔や杉の下に空洞が広がっていると考えられています。そして龍ゆかりの神社である【八大竜王水神社】【「八大之宮】」とここがその空洞で繋がっている…。」
f0075075_16493674.jpg

市民ガイドの今村氏は、上の写真も紹介したという。

「この社は速川神社ですね。瀬織津姫を祀っています。

                 ほら、ここに女神様がおりますね。」

向って右、社の真横に何か像のような姿がはっきり認められる。

*  写真の矢印の個所

「これが瀬織津姫様です。そして社の屋根のこちらには猿田彦様の

       姿も見えますね。他にも沢山の神々の御姿が見えるんですよ。」

f0075075_1651641.jpg

社の後ろには石塔があった。その石塔のさらに斜め後ろ、むき出しの岩肌に黒い裂け目が覗いている。今村氏はいう。

「この穴も、もしかしたら【龍に関係する神社】に繋がっているんじゃないでしょうか?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この速川神社を紹介された後、雑誌記者は瀬織津姫を撮影しようとしたらしいが写らなかったという。

この記事は数年前の月刊「ムー(10月号)」に紹介された記事で、初めての瀬織津姫撮影成功?写真か?民話の里「遠野」に祀られる瀬織津姫が神話の里「高千穂」でも騒がれているようなので紹介してみた。記事は、ほぼ原文通りで若干の省略はしている。ただ…昨今のスピリチュアルブームで、何でもかんでも「パワー」だ「ヒーリング」だというのには少々辟易している。瀬織津比咩に関してもスピリチュアルブームの流れに乗り、何故か「シリウス」だの、何だのと裏付けのない感覚で適当に、いろいろなものと融合させ称賛している。これを傍目から見れば結局、新興宗教に騙された信者?の集まりみたいなものと、何等変わりがないだろう。金銭が絡むなら、尚更だ。ただ問題は、氏神としての瀬織津比咩の存在が歪められて広まるのは、ちょっと頂けない。いくつかの情報によれば、全国のあちこちの瀬織津比咩を祀る神社の宮司が、何者かによって勝手に置いて行ったモノの処遇に困り、結局捨てているようだ。知り合った瀬織津比咩を祀る宮司さんも、同じ事をしたという。

ところで、月刊「ムー」は元々胡散臭い雑誌だけれど、10代の頃には妙にそそるタイトルに買って読んだ記憶がある。心霊・神霊・UFO・UMAに、とにかく胡散臭い集大成本だが、毎年卒業する者も出るのだが、当然入学する者も現れる事から、ある程度のサイクルで同じ記事の焼き回しでもOKなのだろう。自分が小学校の頃に夢中で観てた「8時だよ全員集合」が、全く観なくなった二十歳の頃にチラ見したら、同じギャグをやっていたのと、この月刊「ムー」という雑誌も、「8時だよ全員集合」と似た様なものだろう…(^^;
f0075075_16565389.jpg

そして今回の龍が空中に舞っている写真だが、以前似たような写真で妖怪「いったんもめん」が舞っている!と騒がれた写真があった。それが上記の写真。捉えようによれば、初めの写真も龍ではなくて「いったんもめん」でも通用する写真になるだろう。遊び写真と捉えれば、これはこれで面白いのだろう。まあ個人的に「空想」は楽しいものだが、「妄想」は他人に対し広めると、かなり厄介なものであるからなぁ(^^;
by dostoev | 2013-04-11 17:27 | 瀬織津比咩雑記 | Comments(10)
Commented by はらえ at 2013-05-22 23:17 x
あなたも大国主よりの人だろうと思いながらコメントしています。
六芒星の考察
ただひとつ、はっきり言えることは
大国主の陰陽カルト論は六芒星ではない。
亀など持ち出してあたかも六芒星の象徴のような振りをしているだけ。
なぜなら
陰と陽が数学的定義において相対的数値がフェアで有るべき形が六芒星であるからだ。
しかし大国主カルト陰陽は同じ関係になく、しかも見せかけの陽が実は陰の力となっているためこの六芒星の形を取る事など決してない。
全くフェアでない大国主カルト陰陽の形を考えると
ただの逆三角形くらいしか思い当たらない。
諸悪の根源大国主論

”神が表に現はれて 善と悪とを立別ける 
善の中にも悪があり  悪の中にも善がある 

善悪正邪はオーニーの 知識の程度で判らない 
ただ何事も惟神(かむながら)  神の御旨に任すのみ ”

だって。
こんなもの神ではない。
福などない
Commented by harae at 2013-05-22 23:22 x

福などないー
私達は幸せになるために生まれてきた。
それなのにこの人格異常者大国主の疫病神が人々に執着して
自分の悪を偽善を使い正当化している世界で真の幸せなどどこにも無い世の中だ。
あるのはテレビや書籍で見せられる人格異常者の世界=ゾンビの世界=ヴァンパイヤーの世界=陰陽カルトの正当化だけ!
大国主の牛耳っている金だからいくら金持ちになっても
幸せにはなれない。幸せと不幸が同じレベルで執着関係にあるからだ。
しかも私がこれだけ正論を述べているにも関わらず
理解出来ていない。馬鹿にも程が有る。この世で最も低能な人物が神面しているのだ。
私達はこんなものに関わられて自分の人生を無駄にするために
生まれてきたのではない。
裏のない正神の神罰をこれに与えたまえ。

大国主の福は災いとともにあるー
災難という石を置いておき人々に有り難させるように
その石を除く。
これが大国主の福=偽福である。
自分で置いたのだから除くのも簡単。
悪人に演技させて自分を良く見せる方法と同じだ。


Commented by はらえ at 2013-05-22 23:25 x

伊勢白は諸悪の根源である大国主ー

自分の事を天子だとかよくもまあ、しゃあしゃあと!
卑怯なだけの人格異常者、大嘘ばかり、コソドロ、のぞき魔が
馬鹿たれるな!くそじじいとお伝え下さい。

0ゼロで割ってはならないー

憑依をさせてはならない、憑依をしてはならない。憑依を認めてはならない。
人間が人間を特に霊的に憑依してコントロールすることは
0ゼロで割る行為であり正神の、宇宙の法則に背く犯罪である。
必ず神罰が当たるだろう。
それは私達がここに生まれてきた事すら無意味にさせ
最も不幸な人生にさせる。

終わりの始めとはー

悪と偽善を執着で固めた世界を輪にして回る終わりは始めであり、
始めは終わりである。それだけのことだ。
意味などなく新しくも何ともないことを
いかにもそれらしくカッコつけている馬鹿の繰り言。
Commented by harae at 2013-05-22 23:29 x
宇宙の法則に反するゴーストライター --

人の書いた物に手を入れて自分の思うように書き直す。
もしくは自分の考えを書かせる。
こんな行為は人を0ゼロにする忌まわしい行為である。
作家に屈辱を与えるレイプにも勝る犯罪だ。
神仏はこのゴーストライターの宇宙の法則0で割ってはいけない行為を
赦してはならない。
人は人、自分は自分であることを宇宙は望んでいる。
悪と偽善、執着に蘇生出来ない一人地獄へ送る。

カルト陰陽の大国主=シヴァ=エロヒム--
カルト陰陽が自分たちの悪をこの世に広めるための神は
裏のある神.
こんなものを神と呼ぶな。
真の神は裏などない.

幼い性を弄ぶカルト陰陽のくそじじいども。必ずやお前らがした事に神罰が下り因果報酬の報いを受ける。こんなくそどもを誰一人、逃がさないと誓う。覚えてろ。そのときが必ずくることを。おんそんばにそんばうんばざうんぱったおんそんばにそんばうんばざらうんぱった悪と偽善、執着に蘇生出来ない一人地獄を返す。おんそらそばていえいそわかそんそらそばていえいそわか。
Commented by harae at 2013-05-22 23:31 x
宇宙の法則に反する大国主カルト陰陽--
<0ゼロで割ってはいけない>という数式原理からわかるように宇宙を支配する原理は0ゼロではない。
それは0=1=2=3=4=5=6=7=8=9=0になるからだ。
0ゼロで割る行為は0ゼロが依存することである。
つまり私達は0ゼロではないということだ。

<宇宙は一様かつ等方である。ある対象の性質や分布が回転により変化しない。方向に依存する時、異方的であるという>
これを言い換えると私達は自分を変えてはならない。0ゼロにして宇宙を異方的にしてはならないのだ。
これを梵我一如という。

mormon polygamy--
日本の創価学会と兄弟関係にあるモルモン教。
一夫多妻制の教義で女を鬱と人格障害者にするモルモン教。
そして家族を巻き込み異常者を生み続けるのだ。
いい加減にしろ。
神罰が当たれ。
悪と偽善、執着は蘇生出来ない一人地獄に返す。
おんそんばにそんばうんばざらうんぱった
おんそんばにそんばうんばざらうんぱった
悪と偽善には悪を、善には善を返す。
おんそらそばていえいそわか
おんそらそばていえいそわか。
Commented by dostoev at 2013-05-23 07:01
よく、わかりません。。。
Commented at 2016-01-09 01:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dostoev at 2016-01-11 17:56
本当、大笑い人間が多過ぎます(^^;
Commented by ななし at 2017-10-19 11:54 x
瀬織津姫とミシャグジは対になると思います。どちらも「なんでも瀬織津姫」「なんでもミシャグジ」。
相違点は、前者がスピリチュアリズムの旗印なら、後者がゲーム業界のおもちゃである点でしょうか。何の確証もない下らない妄想ですが、二神はフェミニズムと父権主義で対になる気がしています。
それはともかく、私も瀬織津姫のスピリチュアルには辟易としています
Commented by dostoev at 2017-10-20 20:09
ミシャグジの「ミ」は「御」でしょうから、もしもミシャグジが御石神であるならば、展開は変わると思われます。天照大神荒魂を祀る石神社を調べると、面白いかと思いますよ。
<< 今朝の遠野 「わたしの怪奇体験談(その7)」 >>