遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
それでは現地へ行き、お好..
by dostoev at 13:28
欲しい!金精様欲しい!
by 千尋 at 21:26
ミシャグジの「ミ」は「御..
by dostoev at 20:09
瀬織津姫とミシャグジは対..
by ななし at 11:54
「雨乞い観音」のモチーフ..
by dostoev at 08:42
正法寺七不思議のひとつに..
by 鬼喜來のさっと at 23:55
下野小山氏は奥州菊田荘を..
by 鬼喜來のさっと at 22:24
遠野市小友町の藤沢の滝の..
by dostoev at 19:50
人の首と書いて人首とは何..
by 鬼喜來のさっと at 22:11
ishiwaさん、良かっ..
by dostoev at 19:08
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「遠野物語拾遺49(地蔵端)」

f0075075_16292048.jpg

土淵村字栃内の山奥、琴畑といふ部落の入り口に、地蔵端といふ山があって、
昔からそこに地蔵の堂が立って居た。此村の大向といふ家の先祖の狩人が、
或る日山に入って一匹の獲物も無くて帰りがけに、斯んな地蔵がおらの村に
居るからだと謂って、鉄砲で撃って地蔵の片足を跛にした。其時から地蔵は
京都に飛んで行って、今でも京都の何とかいふ寺に居る。

一度村の者が伊勢参宮の序に、此寺へ尋ねて行って、其地蔵様に行逢って
戻りたいと言ふと、大きな足音をさせて聴かせたといふ話もある。今の地蔵
端の御堂は北向きに建てゝある。それは京都の方を見ないやうにといふ為だ
そうなが、そのわけはよく解らない。

                                「遠野物語拾遺49」

f0075075_16471551.jpg

地蔵端は、円錐形の小さな丘の様な山である。頂は円形の平坦で、ここにかって社があった。昔は大の大人が4人で手を伸ばし、やっと回る大きな杉の木や松の木もあったという。

ところで飛ぶといえば、小友町に空を飛んだ権現様の話が伝わる。全国を調べていないのでなんとも言えないが、小友の権現は火事に遭遇した為、その危険回避の為に飛んだようだが、ここの地蔵も同じように危険回避であるようだ。
f0075075_18575983.jpg

「注釈 遠野物語拾遺(上)」によると、文中に「大向といふ家の先祖の狩人が…。」とあるが、琴畑に古くからある家に「大向」の屋号がある事から、恐らくここであろうという事らしい。この琴畑という地は、日当たりも良くなく、水も冷たい。米作りには適して無い土地だが、やはり昔は山で働く仕事に従事する人ばかりであったようだ。大向家の狩人とは、ある意味一般的であったのだろう。
f0075075_16503925.jpg

頂には社の基礎の残骸があったが、北向きの社がいつの間にか別当が、向きを変えて祀ったという。ただ何故に北向きかというと、この頂から早池峰がどうにか見えるようで、もしかして本来は、早池峰の遥拝所ではなかったかという事らしい。つまり社は、早池峰山へ向けられて建てられていたのかもしれない。

京都に行った地蔵の後も、この地に地蔵を祀る様になり、木の軽い地蔵であった為、よく子供達が、この地蔵端に登って地蔵で遊んでいたところ、それを叱った大人が熱を出して寝込んだなどと、どこかで聞いたような話が伝わっている。

ただ、何故に地蔵端の地蔵に怒りを向けたのかと考えた場合、気になるのは山の仕事に従事していたのが琴畑に住む住民である事から、やはり山の神を信仰し、この地蔵端も含め、早池峰山への遥拝所が2か所もある。つまり本来、山の神を信仰する民が、何等関係無い地蔵が早池峰の遥拝所に祀られたのを気にしての行為であった可能性はあるだろう。
by dostoev | 2012-09-08 19:40 | 「遠野物語拾遺考」40話~ | Comments(2)
Commented by 鬼喜來のさっと at 2017-07-28 15:48 x
佐々木喜善の『上閉伊郡昔話集』に収められる「泥棒神」の話の脚注に、『江刺郡昔話』に収められる「五郎が缼椀のおかげて出世したと謂ふ話」も、別伝ではまた人形であったという喜善の記述が気になったので、大鶴堰とカクラサマの関係から調べると、『遠野物語』収録のマヨイガの話もやはり同系統の話だったという気がしてくるんですよね。『山深き遠野の里の物語せよ』ではこの琴畑にもマヨイガの伝説が伝わっていたと言いますが、『拾遺』にもやはり琴畑のカクラサマの伝承があり、ここの本文にある地蔵端の地蔵との関係を匂わせる。そもそも『遠野物語』にあるオクナイサマや会下の十王、ザシキワラシの農業手伝い神としての話は全国的には地蔵菩薩の霊験譚ですからね。類話としては稲荷神としての狐女房譚がありますが、猫のバージョンもあり、大向の猟師が獲物の無い腹いせに地蔵を鉄砲で撃つのは、殺生を戒める教えが内包されている猫と茶釜の蓋に通じているんですよね。また撃たれたのは片足であることから、モデルは半跏様式で表わされる延命地蔵菩薩であろうと考えられるんですが、この京都に飛んで行ったとされる姉の地蔵がいる「京のなんとかといふ寺」とは、京都市南区九條の羅生門の近くにある、弘法大師の身代わりになったという伝承を持つ矢取地蔵寺の事ではないかと言う気がするんですよ。この寺の本尊の延命地蔵菩薩は石の坐像で、背中に矢傷が残されており、この暗殺未遂事件の原因は、空海が善女竜王(のちに白山妙理権現と同体視される)を召還した京都神泉苑での雨乞いによるものですから、伝承の成立に能登総持寺派の白山修験が関わっているのではないかと。
Commented by dostoev at 2017-07-28 18:26
さっと氏…まるで「徒然草(106段)」です。
<< 遠野不思議 第六百八十八話「琴... 「遠野物語拾遺12(姥石)」 >>