遠野の不思議と名所の紹介と共に、遠野世界の探求
by dostoev
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
民宿御伽屋HP
御伽屋・幻想ガイド
遠野体験記
民宿御伽屋情報
遠野三山関連神社
遠野不思議(山)
遠野不思議(伝説)
遠野不思議(伝説の地)
遠野不思議(遺跡)
遠野不思議(神仏像)
遠野不思議(石)
遠野不思議(石碑)
遠野不思議(追分の碑)
遠野不思議(史跡)
遠野不思議(樹木)
遠野不思議(桜)
遠野各地の滝
遠野の鍾乳洞
遠野不思議(自然)
遠野八景&十景
遠野不思議(オブジェ)
遠野不思議(その他)
遠野各地の河童淵
遠野各地の狐の関所
遠野各地のデンデラ野
遠野各地の水車小屋
遠野各地の不地震地帯&要石
遠野各地の賽の河原
遠野各地の乳神様
遠野不思議(淵)
遠野各地の沼の御前
遠野各地のハヤリ神
遠野の義経&弁慶伝説
遠野の坂上田村麻呂伝説
遠野の安部貞任伝説
遠野不思議(寺院)
遠野七観音
遠野各地の八幡神社
遠野各地の熊野神社
遠野各地の愛宕神社
遠野各地の稲荷神社
遠野各地の駒形神社
遠野各地の山神神社
遠野各地の不動尊
遠野各地の白龍神社
遠野各地の神社(その他)
遠野の妖怪関係
遠野怪奇場所
遠野で遭遇する生物
遠野の野鳥
遠野のわらべ唄
民俗学雑記
遠野情報(雑記帳)
観光案内(綾織偏)
観光案内(小友編)
金子氏幻想作品
「遠野物語考」1話~
「遠野物語考」10話~
「遠野物語考」20話~
「遠野物語考」30話~
「遠野物語考」40話~
「遠野物語考」50話~
「遠野物語考」60話~
「遠野物語考」70話~
「遠野物語考」80話~
「遠野物語考」90話~
「遠野物語考」100話~
「遠野物語考」110話~
「遠野物語拾遺考」1話~
「遠野物語拾遺考」10話~
「遠野物語拾遺考」20話~
「遠野物語拾遺考」30話~
「遠野物語拾遺考」40話~
「遠野物語拾遺考」50話~
「遠野物語拾遺考」60話~
「遠野物語拾遺考」70話~
「遠野物語拾遺考」80話~
「遠野物語拾遺考」90話~
「遠野物語拾遺考」100話~
「遠野物語拾遺考」110話~
「遠野物語拾遺考」120話~
「遠野物語拾遺考」130話~
「遠野物語拾遺考」140話~
「遠野物語拾遺考」150話~
「遠野物語拾遺考」160話~
「遠野物語拾遺考」170話~
「遠野物語拾遺考」180話~
「遠野物語拾遺考」190話~
「遠野物語拾遺考」200話~
「遠野物語拾遺考」210話~
「遠野物語拾遺考」220話~
「遠野物語拾遺考」230話~
「遠野物語拾遺考」240話~
「遠野物語拾遺考」250話~
「遠野物語拾遺考」260話~
「遠野物語拾遺考」270話~
「遠野物語拾遺考」280話~
「遠野物語拾遺考」290話~
「現代遠野物語」1話~
「現代遠野物語」10話~
「現代遠野物語」20話~
「現代遠野物語」30話~
「現代遠野物語」40話~
「現代遠野物語」50話~
「現代遠野物語」60話~
「現代遠野物語」70話~
「現代遠野物語」80話~
「現代遠野物語」90話~
「現代遠野物語」100話~
「遠野妖怪談」
「闇・遠野物語」
遠野小学校トイレの花子さん
遠野小学校松川姫の怪
遠野小学校の座敷ワラシ
菊池氏考
佐々木氏考
クワガタと遠野の自然
安倍氏考
阿曽沼の野望
遠野・語源考
河童狛犬考
飛鳥田考
遠野色彩考
遠野地名考
ゴンゲンサマ考
五百羅漢考
続石考
早池峯考
六角牛考
七つ森考
羽黒への道
動物考
月の考
「トイウモノ」考
小松長者の埋蔵金
遠野七観音考
鯰と地震
三女神伝説考
早池峯信仰圏
河童と瀬織津比咩
狐と瀬織津比咩
勾玉の女神
橋姫と瀬織津比咩
平将門と瀬織津比咩
狼と瀬織津比咩
鈴鹿権現と瀬織津比咩
母子信仰と速佐須良比賣
七夕と白鳥
来内の違和感
瀬織津比咩(イタリア便り)
水神と日の御子
年越しの祓の女神
「七瀬と八瀬」
鉄の蛇
荒御魂
閉伊氏の正体
早瀬川と白幡神社
瀬織津比咩雑記
岩手県の瀬織津比咩
古典の世界
「宮木が塚」
「蛇性の淫」
「白峰」
「吉備津の釜」
「菊花の約」
「青頭巾」
「浅茅が宿」
「徒然草」
「源氏物語」
「枕草子」
わたしの怪奇体験談
よもつ文
遠野の自然(春)
遠野の自然(夏)
遠野の自然(秋)
遠野の自然(冬)
遠野の夜空
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
パチンコ屋の倒産を応援す...
ゲ ジ デ ジ 通 信
宮  古  物  語
民宿御伽屋
不思議空間「遠野」別館
ひもろぎ逍遥
jun-roadster
リティママ の日々徒然
世に倦む日日
JUNJUNのブログへよ...
外部リンク
最新のコメント
このガイドには、そんなに..
by dostoev at 10:35
良いなあ〜。 夜のガイ..
by soma0506-yca at 09:32
死んだら魂は山へ…という..
by dostoev at 05:03
そうなのですね。 確か..
by soma0506-yca at 22:03
あ…「6つ3合う」ですね..
by dostoev at 17:09
日本人は良くも悪くも言葉..
by dostoev at 17:03
凄く面白いですね。 6..
by soma0506-yca at 16:15
なるほど。ありがとうござ..
by 秩父まほろば at 09:49
西の真言、東の天台と云わ..
by dostoev at 06:12
こんにちは。 円仁の話..
by 秩父まほろば at 17:57
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「遠野物語9(共同幻想)」

f0075075_5333526.jpg

菊池弥之助と云ふ老人は若き頃駄賃を業とせり。笛の名人にて夜通しに馬を
追ひて行く時などは、よく笛を吹きながら行きたり。ある薄月夜に、あまた
の仲間の者と共に浜へ越ゆる境木峠を行くとて、又笛を取出して吹きすさみ
つゝ大谷地と云ふ所の上を過ぎたり。大谷地は深き谷にて白樺の林しげく、
其下は葦など生じ湿りたる沢なり。此時谷より何者か高き声にて面白いぞー
と呼ばる者あり。一同悉く色を失ひ遁げ走りたりと云へり。

                                    「遠野物語9」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夜の山は恐ろしいという認識の元に歩いていると、どんな音にも敏感になり、あっという間に恐怖は襲いかかって来る。「一同悉く色を失ひ遁げ走りたりと云へり。」という記述は、その全てを物語っているかのよう。

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というのは、何にでも言えるのもので、気持ちが動揺し、落ち着いて眼の前のモノを認識できない。これはよく犯罪を目の当たりにして、その犯人のモンタージュを作成する時、人によって供述がバラバラなのは皆、同じ心境で犯人の犯行を目撃したものでは無いのだと考えられる。

また集団の心理として「一同悉く色を失ひ遁げ走りたりと云へり。」というものは、自分も子供の頃に経験がある。恐怖心を抱いたまま皆で夜道を歩いていると、その中の一人が…例えば風に揺れてガサッと音を出した木々に相対した瞬間、怖さに耐えきれなくなって「わぁ~」と叫ぶ。そうすると堰を切ったように皆が一斉に「わぁ~」と逃げ出してしまう…と同じであろう、所謂集団心理、共同幻想に陥った為であろう。

とにかくこの「遠野物語9」は、自分たち以外にこんな時間に、こんな場所を歩いている筈が無いだろうという意識下からの怪奇譚みたいなもの。今でも遠野では、例えばマツタケを採る場合、人に見つからない様、夜に採りに行く人が意外にいる。また禁止されている川での夜突きも一度見た事がある。夜の沢にボゥと明りが灯っている様は、場合によっては人に対し恐怖を与えるもの。人の脳裏に『こんな夜に、何をしていのだろう?』という疑問は、夜の闇と相まって恐怖に変換される。

「遠野物語9」では「薄月夜」とあるが、これは三日月や新月ではなく、恐らく満月に近いもので、雲が薄っすらとかかっている状況だと思われる。画像の様に満月の夜は明るく、夜道を歩くにも明りを必要としない 。薄月夜であっても、ある程度は歩けるもの。こういう月の明るい夜には先に書いた、山での山菜やキノコ採りをしているか、山の沢での漁をしているものと思ってしまう。

「面白いぞー!」

という叫び声は沢山、山菜&キノコがあったか、もしくは夜の沢での漁で沢山捕れ「面白いぞー!」と仲間に叫んでいるのではないだろうか(笑)(^^;
by dostoev | 2011-03-04 06:08 | 「遠野物語考」1話~ | Comments(6)
Commented by 西やん at 2011-03-04 19:09 x
「共同幻想」という言葉の使い方が、ちと違うんではないかい?
普通は、「日本中に土建需要を拡大すればみんな幸せになる」とか
「我が社では一日15時間働くのが当たり前」とか、「グローバル化の時代なんだから○○しなければならない」とか、ああいうカンチガイを
言うんだと思うけど?
この場合は「共有幻想」とでも言うべきかと。
Commented by dostoev at 2011-03-04 19:31
西やん氏…吉本隆明「共同幻想論」の中に「遠野物語」も引用され、その中の憑依論として"常民の共同幻想"としても使用されてるんよ。確かに通常は、経済としての用語にはなるけど。
Commented by 西やん at 2011-03-05 06:49 x
不勉強で失礼いたしました。
本当はカンチガイの方を書きたかっただけ・・・
職場にそういう奴が多すぎるもんでね。
(多すぎるからこそ「共同」か?)
Commented by dostoev at 2011-03-05 23:20
もしや、職場の上司の妄想の話題か?自分の妄想を部下に押し付けて「共同幻想だ!」って?(^^;
Commented by グッドスノゥ at 2011-03-10 18:23 x
 例えば、ちょっとした揺れでも「キャー地震よ!地震なのよー!」などと大騒ぎする人のせいで、速やかな避難誘導が出来なかったり。(苦笑)


共同幻想というか、「四駆は滑らない」という絶対的な自信のもとに某スキー場へ向かう途中JAFのお世話になった阿呆なら知ってます。もはやネタですね。
Commented by dostoev at 2011-03-11 10:04
聞いた話によると、岩手県内のスキー場へ行く途中、ゴッツイ四駆の車が雪に突っ込んでいる大抵は、関東ナンバーだとか…(^^;
<< 瀬織津比咩の祭祀其の六「新山神... 瀬織津比咩の祭祀其の五「弘渕神社」 >>